学科OB会紹介
機友会(機械科)
機械科は、創立、熊本県工業高校時代に明治31年に金工科として設置され、明治41年に現在の機械科として改称された歴史ある科です。機械科OB会の機友会は、宮村会長、高宮事務局長のもと8,000人以上のOB達が参加しています。
【機友会会長】宮村 宜司 【機友会事務局長】高宮 利久
〈学科紹介〉
機械は、ものづくりの中心となるものです。機械科では機械技術に関する基礎的知識・技術を習得し、ものづくりの楽しさを味わいながら、機械の技術者を目指します。また、コンピュータを活用した数値制御や製図(CAD)などの学習も行います。
電気会(電気科)
電気科は、昭和16年に電気科として設置され、改称などはなく現在に至ります。電気科OB会の電気会は、徳永会長、園田事務局長のもと4,000人以上のOB達が参加しています。
【電気会会長】徳永 勝海 【電気会事務局長】園田 崇智
〈学科紹介〉
電気は現代の社会を支える基盤となっています。電気科は、この電気関係の諸事業に携わる電気技術者を育成しています。このため、基礎理論から電気・機器・制御・コンピュータまでの幅広く学習し、総合的な力を身につけています。
熊子会(電子科)
電子科は、昭和44年に電子科として設置され、改称などはなく現在に至ります。電子科OB会の熊子会は、佐藤会長、本田事務局長のもと1,000人以上のOB達が参加しています。
【熊子会会長】佐藤 実夫 【熊子会事務局長】本田 清也
〈学科紹介〉
電子、情報技術は産業のあらゆる部門に利用されて発展し続けています。電子科ではその各分野で活躍できるように、電気基礎をはじめ半導体素子の原理・電子回路・通信技術・コンピュータのハード・ソフト等について重点的に学習しています。
コバルト会(工業化学科)
工業化学科は、当初は昭和11年に応用科学科として設置され、昭和19年に現在の工業化学科に改称されました。工業化学科OB会のコバルト会は、田中会長、榊田事務局長のもと2,500人以上のOB達が参加しています。
【コバルト会会長】田中 義治 【コバルト会事務局長】榊田 紘一
〈学科紹介〉
セッケンの製造や河川水の分析等、私たちに身近な化学に触れることから化学の勉強をスタートします。また、地球環境科学やコンピュータについても学習し、危険物取扱者を始めとする。
繊維会(繊維工業科)
繊維工業科は、創立、熊本県工業高校時代に明治31年に染織工科として設置され、明治41年に染織科、昭和42年に現在の繊維工業科として改称された歴史ある科です。繊維工業科OB会の繊維会は、上野会長兼事務局長のもと1,000人以上のOB達が参加しています。
【繊維会会長兼事務局長】上野 勇二
〈学科紹介〉
繊維素材は、さまざまな産業に利用されています。繊維の種類と性質、製造方法、デザインの手法やコンピュータグラフィックス、および伝統文化としての染めや織りについて学習します。
土木会(土木科)
土木科は、創立3科、専修科の次に歴史が古く昭和3年に土木科として設置されました。土木科OB会の土木会は、村田会長、井事務局長のもと3,000人以上のOB達が参加しています。
【土木会会長】村田 髙生 【土木会事務局長】井 三省
〈学科紹介〉
土木技術等を学習し、地球にやさしい快適な都市空間を創造し、国家的プロジェクト(空港・橋・都市計画)を計画・設計・施工できる技術者の育成を目指しています。
ハツカ会(建築科)
建築科は、創立、熊本県工業高校時代に明治31年に木工科として設置され、明治41年に現在の建築科として改称された歴史ある科です。建築科OB会のハツカ会は、中川会長、志水事務局長のもと4,000人以上のOB達が参加しています。
【ハツカ会会長】中川 久 【ハツカ会事務局長】志水 一博
〈学科紹介〉
建築をとりまく諸条件を化学的に検討し、美的で合理的な空間の作り方を学習しています。CADによる製図など新技術による学習や体験実習により、人間性豊かな建築技術者の育成を目指します。
金属会(材料技術科)
材料技術科は、創立、熊本県工業高校時代に明治31年に木工科として設置され、明治41年に現在の建築科として改称された歴史ある科です。材料技術科OB会の金属会は、宮崎会長、松田事務局長のもと400人以上のOB達が参加しています。
【金属会会長】宮崎 澄夫 【金属会事務局長】松田 政雄
〈学科紹介〉
金属をはじめ、セラミックや高分子材料などの工業材料全般についての性質、製造法、加工法などを学習しています。電子顕微鏡や最新の材料試験機による学習および機械加工実習など、幅広い工場人の育成を目指しています。
インテリア会(インテリア科)
インテリア科は、昭和25年に木材工芸科として設置され、昭和34年に金属工芸を加え工芸科となり、昭和48年に現在のインテリア科として改称されました。インテリア科OB会のインテリア会は、木部会長、宮部事務局長のもと400人以上のOB達が参加しています。
【インテリア会会長】木部 省吾 【インテリア会事務局長】宮部 利明
〈学科紹介〉
身体を動かし、道具を使い、頭を駆使して、よりよいものをつくりあげる職業人を目指します。建築から内部空間、家具など幅広い仕事に対応できるように、木工、ガラス加工、画像処理、レイアウト、CAD、3D、パース等の実習を取り入れています
進情会(情報システム科)
情報システム科は、平成元年に情報システム科として設置され、学科では、一番新しい設置学科です。情報システム科OB会の進情会は、鹿子木会長兼事務局長のもと300人以上のOB達が参加しています。
【進情会会長兼事務局長】鹿子木 弘
〈学科紹介〉
コンピュータや情報通信ネットワークなどの情報手段を活用し、情報を自ら選択・処理・発信できる能力の育成を目指しています。情報モラル、プログラム、ネットワークシステム、サーバー構築、ソフトウェア、インターネットセキュリティ、コンピュータグラフィックス、動画編集、マルチメディア、ハードウェア、電気基礎、電子技術など体験しながら学びます。
青年部
河部部長を中心に熊工会青年部の充実を図っています。
【青年部部長】河部 典敏
女子部
森野部長を中心に熊工会女子部の充実を図っています。
【女子部部長】森野 明美

各科OB会へのお問い合わせ先に関しましては、熊工会事務局までお問い合わせください。

Top