.
会則

熊工会規約

第1章 名称および事務局

【第1条】

  1. 本会は熊工会と称す。
  2. 事務局を熊本県立熊本工業高等学校におく。

第2章 「目的」

【第2条】

  1. 本会は会員相互の情誼(じょうぎ)を厚くし教養を高め母校の発展に寄与し、進んで社会公共のために尽くすをもって目的とする。
  2. 本会は非宗教的、非営利的、非政党的団体である。

第3章 「会員」

【第3条】 本会の会員は次のように定める。

  1. 正会員
    • (1)元熊本県工業学校卒業生
    • (2)元熊本県立工業学校卒業生
    • (3)元熊本県工業学校専修科修了生
    • (4)元熊本県工業学校併設中学校卒業生
    • (5)元熊本県工業高等学校卒業生
    • (6)元熊本県工業高等学校併設中学校卒業生
    • (7)元熊本市立商工学校卒業生
    • (8)元熊本市立工業学校卒業生
    • (9)元熊本市立工業学校併設中学校卒業生
    • (10)熊本県立熊本工業高等学校卒業生
    • (11)上の学校の中途退学者、転学者で母校および熊工会に顕著な功績があり、人格識見共に優れたも
       ので審査会を経て役員会の承認を得たもの。
  2. 客員
    正会員の卒業学校の旧職員および現職員。 但し選挙権被選挙権を持たない。又会費を納めない。

第4章 「役員」

【第4条】 本会に次の役員をおく。

  1. 会長 1名
  2. 副会長 若干名
  3. 各科会長 10名
  4. 代議員長 10名
  5. 常任委員長 5名
  6. 青年部長 1名
  7. 事務局長 1名
  8. 事務局次長 2名
  9. 出納長 1名
  10. 会計監査委員 3名

【第5条】

  1. 会長は本会を代表しすべての会務を総括総理する。
  2. 副会長は会長を補佐し会長事故ある場合はその会務を代理する。
  3. 事務局長は会長、副会長の指揮をうけて議事の収録、書類の保管、会員の通信連絡等の会務一切を処理する。
  4. 事務局次長は事務局長を補佐し、事務局長事故ある場合はその会務を代理する。
  5. 出納長は会長の指揮監督のもと会計事務をつかさどる。
  6. 会計監査委員は会計を監査し、総会においてその結果を報告する。

【第6条】

  1. 本会の役員の中で会長・副会長は会長・副会長の互選および総会にて正会員より推薦された候補者の中より、多数決により選出する。その他の役員は総会において、代議員会で選考推薦された候補者の中より選出する。
  2. 役員の任期は2年とする。
  3. 補欠された役員の任期は前任者の在任期間とする。

第5章 「名誉会員および相談役」

【第7条】 本会に諮問機関として名誉会員および相談役若干名をおく。

【第8条】 本会の名誉会員および相談役は代議員会にて候補者を推薦し、総会において承認を
     えたものとする。

【第9条】 次に該当するものは名誉会員および相談役に 推薦することができる。

  1. 正会員にして特に本会に功績顕著なもの。
  2. 正会員にして本会の枢機に参画し功績あるもの。
  3. 母校(熊本県立熊本工業高等学校)の現職学校長等。

第6章 「職員」

【第10条】 本会の事務局長、事務局次長、出納長の事務を補佐するため、つぎの有料職員を
      おくことができる。

  1. 書記 1名
  2. 会計 1名

【第11条】

  1. 書記は事務局長および事務局次長の命をうけ事務局長および事務局次長の事務を補佐する。
  2. 会計は出納長の命をうけ会計事務を補佐する。

【第12条】 職員は役員会の承認をえて会長が委嘱する。但し票決権を持たない。

第7章 「役員会」

【第13条】

  1. 役員会は第4章第4条の役員を持って構成する。尚、会長が必要と認めた場合は次の者を招集することができる。
    • (1)名誉会員
    • (2)相談役
    • (3)各支部長
    • (4)各常任委員
  2. 会長・副会長会は、会長、副会長、各科会長、事務局長を持って構成する。
  3. 役員会は会議の目的たる事項ならびに開会の時期および場所を記載した書面をもって会長が招集する。
  4. 役員会においては本規約別条に定めるもののほか次の事項を決議する。
    • (1)総会又は代議員会に提出する議案に関する事項。
    • (2)会計の執行、経費の収支および財務管理に関する事項。
    • (3)本会の運営、会務の処理に関し役員会の議決を必要と認める事項。
    • (4)常任委員会の選任。
  5. 役員会は3分の2以上の出席がなければ開会できない。

第8章 「委員会」

【第14条】 本会につぎの常任委員会をおく。

  1. 企画委員会(委員長1名 委員12名)/当該年度の行事および事業計画。
  2. 会員情報委員会(委員長1名 委員12名)/会員名簿の整理、編集、慶弔等会員関係事務。
  3. 財務委員会(委員長1名 委員12名)/予算収支の均衡のための諸般の計画。
  4. 編集委員会(委員長1名 委員12名)/会誌編集、その他の計画。
  5. 歴史資料収集委員会(委員長1名 委員6名)

第9章 「代議員会」

【第15条】 本会につぎの常任委員会をおく。

  1. 代議員会は役員改選時において各科別に推薦により選出された機械科13名他科10名の代議員を持って構成する。
  2. 代議員会は会長必要と認めた時、これを招集し本会活動の報告会議の目的たる事項を説明し代議員の意見を聴取する。
  3. 代議員会は総会に次ぐ決議機関で総会を開く余裕のない緊急議案について審議し議決する。
  4. 代議員会は3分の2以上の出席がなければ開会できない。

第10章 「代議員会」

【第16条】

  1. 年次総会は毎年6月上旬に開催する。会長は役員会の議決を経て之を召集する。
  2. 総会においては本規約の別条に定めるもののほか次の事項を議決する。
    • (1)規約の制定改廃変更に関する事項。
    • (2)本会の事業および経費の収支に関する計画、報告、予算、決算に関する事項。
    • (3)役員の選任に関する事項。
    • (4)その他本会運営について特に総会の決議を必要と認める事項。

第11章 「支部」

【第17条】

  1. 会員10名以上ある地域毎に支部をおくことができる。
  2. 支部を設置せんとするときは支部規約を作製の上本部に報告すること。

【第18条】 支部には支部長又は代表者をおかなければならない。

第12章 「青年部会」

【第19条】 本部会は卒業後42才までの会員をもって構成する。

第13章 「会費」

【第20条】 本会の会費を次のとおりとする。

  1. 在校生は卒業までに入会金4,000円および終身会費4,000円を納入する。
  2. 昭和54年3月以前の卒業生は終身会費10,000円を納入する。
  3. 寄付、その他

【第21条】 本会の会計年度は4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。

第14章 「規約改正」

【第22条】 本会規約の改正は総会出席3分の2以上の多数票決によるものとする。

●附則

【第23条】

  1. 本会の規約は議決の日(昭和44年6月7日改正、昭和45年6月6日改正、昭和47年6月10日改正、昭和58年6月18日改正、昭和62年6月6日改正、平成元年6月3日改正、平成2年6月2日改正、平成4年6月6日改正、平成7年6月3日改正)よりこれを実施する。
  2. 第20条第2項については、平成2年4月1日から実施する。

Top