学校の歴史
明治31年4月1日 創立、熊本県工業学校と称する。木工、金工、染織工、3科設置、第1代 茂呂信義校長就任 
明治32年12月9日 飽託郡大江村に新校舎(実習工場)竣工
明治33年 本館竣工
明治34年3月26日 第1回卒業式挙行
明治34年6月1日 熊本県立工業学校と改称し、8月寄宿舎竣工 舎生収容 
明治41年4月1日 木工科を建築科、金工科を機械科、染織工科を染織科と改称
明治44年5月5日 校長 茂呂信義退任
明治44年9月13日 第2代 竹村得太郎校長就任
大正11年3月31日 専修科を置く
大正12年5月5日 創立25周年祝賀式挙行
昭和3年4月1日 土木科設置
昭和4年6月21日 校長 竹村得太郎退任、第3代、竹下俊夫校長就任
昭和6年4月1日 本科第1種(尋卒5ケ年修業)、本科第2種(高小卒3ケ年修業)とする。第2種は昭8.3廃止
昭和11年4月1日 応用化学科設置
昭和12年5月5日 創立40周年記念式典挙行・校歌制定 
昭和12年8月28日 中学卒を入学資格とする修業年限1年の第二部(機械科)設置
昭和13年4月1日 高小卒を入学資格とする修業年限2年の第二本科(機械科)設置(昭18.11廃止)
昭和13年5月18日 第二部採鉱科ならびに第二種採鉱科を設置
昭和14年4月1日 第二本科応用化学科設置
昭和14年10月12日 第一本科第二種採鉱冶金科設置
昭和15年4月16日 第二本科土木科設置
昭和16年2月28日 校長 竹下俊夫退任、第4代 木村小二郎校長就任
昭和16年4月1日 電気科設置
昭和16年8月1日 校舎移転地健軍町京塚の約132,230m²の整地開始
昭和18年12月15日 健軍町新校舎移転
昭和19年4月1日 染織科募集停止、在校生は応用化学科に吸収し、工業化学科と改称、機械科2学級募集
昭和20年5月31日 新校舎建築完成 
昭和20年8月10日 戦災により 本館1棟 2階教室3棟 物象教室 化学実験室(平屋2棟)宿直室、小使室、便所附属建物焼失(7,630m²)
昭和20年11月 元陸軍病院健軍分室跡の病棟借受、仮教室に改造
昭和21年4月1日 第二種採鉱科及冶金科を廃止、修業年限5年の採鉱冶金科及染織科を設置
昭和21年8月8日 商工省号示第86号にて電気事業主任技術者第三種認定
昭和22年4月1日 学制改革 新学校教育法実施による措置として生徒募集を停止し、第2、3学年は併設の新制中学校とし、第4、5学年は新制高等学校第1、2学年の課程を準用
昭和22年4月28日 校長 木村小二郎退任、第5代 小島嘉七郎校長就任
昭和23年4月1日 熊本県立工業高等学校と改称する。元市立工業学校を統合第二部とする。
昭和23年5月5日 創立50周年記念式典挙行
昭和24年3月3日 工業高等学校第1回卒業式挙行
昭和24年4月1日 第二部を第二校舎と称する。
昭和24年4月27日 校舎復興第1期工事2階建教室(8教室)竣工
昭和25年4月1日 第二校舎設置の木材工芸科第1学年を第一校舎に収容、電気科を2学級募集する。
昭和25年4月1日 復興建築第2期工事2階建教室ならびに附属建物2,086m²(18教室)竣工
昭和26年3月31日 復興建築第3期工事1,669m²竣工
昭和26年4月1日 第二校舎を第一校舎に統合、校名を熊本県立熊本工業高等学校と改称する。 
昭和27年3月31日 復興建築第4期工事本館一部竣工
昭和27年6月26日 通商産業省告示第144号にて電気事業主任技術者資格検定規則第7条の2の規定により第一次試験を免除する学校の認定を受く。
昭和28年4月30日 復興建築第4期工事本館1,513m²、廊下357m²、宿直室、用務員室90m²、昇降口99m² 倉庫20m²竣工
昭和28年5月5日 本館落成祝賀式挙行
昭和28年9月30日 プール完成(25m)
昭和29年7月31日 復興建築第5期工事 製図教室1,382m² 便所26m² 廊下56m²竣工
昭和29年12月 配電室鉄筋コンクリート造20m²及び井戸タンク竣工
昭和30年3月31日 校長 小島嘉七郎退任、第6代 山田直記校長就任
昭和31年11月11日 公認競技場(400mトラック)完成
昭和32年3月31日 土木実験実習室165m²竣工
昭和32年3月31日 校長 山田直記退任、第7代 小島嘉七郎校長就任
昭和33年2月5日 熊工生の歌制定 
昭和34年4月1日 木材工芸科に金属工芸を加え工芸科と改称
昭和34年4月1日 木材工芸科に金属工芸を加え工芸科と改称
昭和34年8月31日 講堂兼体育館竣工
昭和34年10月4日 創立60周年記念式典及び講堂兼体育館落成式挙行
昭和35年4月12日 定時制創設 機械科、電気科(各50名)を設置
昭和35年8月31日 定時制職員室及び便所46m²竣工
昭和35年10月20日 正面玄関改築 
昭和36年4月25日 染織実習工場増築竣工(165m²)
昭和36年10月20日 定時制職員室66m²増築竣工
昭和36年10月28日 体育館職員室50m²竣工
昭和38年3月18日 工芸実習工場(絵画実習室)増築竣工(165m²)
昭和38年3月30日 定時制機械、電気準備室増築竣工(79m²)
昭和38年4月1日 定時制課程に建築科を設置
昭和39年3月31日 校長 小島嘉七郎退任、第8代 古賀孝校長就任
昭和39年4月1日 採鉱冶金科を金属工業科と改称
昭和40年3月22日 合成化学実験室増築竣工(165m²)
昭和41年3月31日 校長 古賀孝退任、第9代 今村恒吉校長就任
昭和42年3月25日 土木実習室竣工(288m²)
昭和42年4月1日 染織科を繊維工業科と改称
昭和42年9月27日 殉難の碑除幕、慰霊祭挙行
昭和43年3月31日 校長 今村恒吉退任、第10代 右山隆成校長就任 金属工業実習室(1,351m²)、工芸実習室(632m²)竣工
昭和43年10月2日 熊工会館(449m²)竣工 
昭和43年11月30日 創立70周年記念式典挙行
昭和44年3月23日 武道場(661m²)竣工
昭和44年3月31日 工芸実習室(606m²)、機械実習室(938m²)、建築実習室(810m²)竣工
昭和44年4月1日 電子科設置
昭和45年3月31日 校長 右山隆成退任、第11代 高山静也校長就任
昭和45年4月21日 機械実習室(828m²)、電気・電子実習室(768m²)、建築実習室(504m²)竣工
昭和46年3月31日 機械実習室(324m²)、電気・電子実習室(1,296m²)竣工
昭和47年3月31日 繊維工業実習室(1,548m²)竣工
昭和48年3月22日 工業化学実習室(604m²)竣工
昭和48年3月31日 電子実習室(180m²)竣工
昭和48年4月1日 工芸科をインテリア科と改称
昭和49年9月2日 工業化学実習棟(586m²)(263m²)(48m²)竣工、寄宿舎(1,071m²)竣工
昭和50年3月26日 寄宿舎(288m²)竣工 
昭和50年3月31日 校長 高山静也退任、第12代 宇野幸吉校長就任
昭和50年3月31日 部室(104m²)竣工、プール附属室(40m²)竣工
昭和50年4月23日 校舎全面改築のための建設委員会発足
昭和51年3月31日 校長 宇野幸吉退任、第13代 谷口秀人校長就任
昭和52年10月8日 学校火災により北校舎(1,478m²)を全焼
昭和53年3月31日 第1期工事のうち土木自習棟(529m²)竣工
昭和53年6月15日 第1期工事のうち南棟(2,100m²)竣工
昭和54年1月6日 第2期工事のうち管理棟(1,298m²)竣工
昭和54年2月10日 第2期工事のうち北棟(2,603m²)竣工
昭和55年3月13日 第3期工事のうち学生センター棟(1,515m²)竣工
昭和55年3月22日 第3期工事のううち中棟(2,859m²)竣工
昭和55年11月23日 新校舎落成式および創立80周年記念式典挙行(実創立83年)熊工行進曲および熊工音頭の制定
昭和56年3月31日 校長 谷口秀人退任、第14代 江藤恵治校長就任、プール附属舎(87m²)屋外便所(19m²)体育倉庫(39m²)部室(124m²)物品倉庫(88m²)竣工
昭和56年10月30日 公認競技場改修工事竣工 
昭和58年3月31日 校長 江藤恵治退任、第15代 宮崎重信校長就任
昭和60年3月31日 校長 宮崎重信退任、第16代 松尾健吾校長就任
昭和63年3月31日 校長 松尾健吾退任、第17代 上村正司校長就任
昭和63年11月11日 創立90周年記念式典挙行、校旗新調、小島嘉七郎先生胸像建立
平成元年3月31日 校長 上村正司退任、第18代 是澤照彦校長就任
平成元年4月1日 情報システム科設置、機械科1学級減
平成3年3月30日 第二体育館(1,930m²)、情報システム・機械科実習棟(2,495m²)竣工
平成4年3月31日 校長 是澤照彦退任、第19代 森 宏校長就任
平成4年6月9日 弓道場(65m²)竣工
平成5年9月15日 セミナーハウス「友愛館」(707m²)及び同国旗掲揚台竣工 
平成6年3月26日 プール上屋(鉄骨造)(949m²)竣工
平成6年3月31日 森 宏校長退任、第20代 倉岡隆夫校長就任
平成6年3月31日 身障者乗降場・出入口・便所竣工
平成7年3月31日 セミナーハウス周辺舗装・造園工事竣工
平成9年3月31日 倉岡隆夫校長退任、第21代 畠村 貴校長就任
平成9年11月6日 第一体育館(3,093m²)落成記念式典挙行 
平成10年3月31日 第一体育館周辺舗装・造園工事竣工
平成10年4月1日 金属工業科を材料技術科と改称
平成10年10月30日 創立百周年記念式典挙行 

Top